Loading

BLOG

「皮」と「革」の違いってなに?

「皮」と「革」の違いってなに?

辞書をひくと

かわ かは 【皮・革】
1. 動植物の表面をおおう膜などの部分。表皮。  「みかんの―」
2. 獣などの皮⑴をはぎ取ったもの。

 

同じ意味で書かれています。

よく分かりませんね

 

専門誌をみると、

生きてる動物の皮膚をはいだもの → 
皮が腐ったり、変質しないように加工もの → 

 

英語では

皮 →  スキン、ハイド 
革 →  レザー

と呼ぶそうです。

 

一般的に財布や服、カバン、靴など私たちの身の回りで使うものは 

 全て、 ではなく  です。

 

日本ではこういった基準が浸透しておらず、同じ読み方で曖昧になっている傾向があります。

当然ながらLEATHACTでは革を加工して製品にしています。笑

 

腐りませんのでご安心を

それでは今回はこの辺で。

 

LEATHACT

【レザークラフト体験】第1回 オリジナルブレスレット作り

鞣し・なめしって何?

関連記事

  1. その道60年のベテランランドセル職人から受け継いだ道具

    2017.02.21
  2. 道具のお手入れ 革包丁編

    2017.02.17
  3. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(前編)

    2017.12.04
  4. 甘くて美味しい!我が家の富有柿(ふゆうがき)の収穫

    2017.10.25
  5. LEATHACTがGoogleMAPに乗りました!

    2017.12.08
  6. 思い出の品を完全再現!!革のランプシェード

    2017.03.16

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

PAGE TOP