Loading

BLOG

「皮」と「革」の違いってなに?

「皮」と「革」の違いってなに?

辞書をひくと

かわ かは 【皮・革】
1. 動植物の表面をおおう膜などの部分。表皮。  「みかんの―」
2. 獣などの皮⑴をはぎ取ったもの。

 

同じ意味で書かれています。

よく分かりませんね

 

専門誌をみると、

生きてる動物の皮膚をはいだもの → 
皮が腐ったり、変質しないように加工もの → 

 

英語では

皮 →  スキン、ハイド 
革 →  レザー

と呼ぶそうです。

 

一般的に財布や服、カバン、靴など私たちの身の回りで使うものは 

 全て、 ではなく  です。

 

日本ではこういった基準が浸透しておらず、同じ読み方で曖昧になっている傾向があります。

当然ながらLEATHACTでは革を加工して製品にしています。笑

 

腐りませんのでご安心を

それでは今回はこの辺で。

 

LEATHACT

【レザークラフト体験】第1回 オリジナルブレスレット作り

鞣し・なめしって何?

関連記事

  1. 鞣し・なめしって何?

    2015.05.07
  2. キャンプでも大活躍!コーヒー麻袋の魅力と取扱いの注意点

    2018.06.20
  3. お手入れで変わる財布への愛着!革の経年変化を見る

    2017.03.22
  4. 工房にまた仲間が増えました

    2019.01.14
  5. キャンプと言えば肉!焚き火料理

    2018.11.30
  6. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(前編)

    2017.12.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

PAGE TOP