Loading

BLOG

鞣し・なめしって何?

「なめし・鞣し」とはなにか?

 

ずばり!

  から  にすることです。

辞書によると

なめす・鞣す
動物の生皮から不要なたんぱく質や脂肪を取り除き、 薬品で処理して、耐久性・耐熱性・柔軟性をもたせる。

わかりやすいですね。

動物の皮をそのまま利用すると、腐ったり、硬くなってしまいます。

その欠点を取り除くため、「なめす」のです。

今現在の革は3種類のなめし方で

①タンニンなめし 植物の渋(タンニン)に皮を漬け込む方法。
・時間がかかり、生産がすくない。値段が高い。
・伸び縮みがすくなく、とても丈夫。
・使っていくうちに、味(経年変化)が、出てくる。(飴色に色が変わる)(日焼けする)
・定期的なメンテナンスが必要。

という特徴で、一般的に

「革は使っていくうちに味がでるよね!」といわれているのは、タンニンなめしの革のことです。

②クロムなめし 化学的な薬品(塩基性硫酸クローム塩)によってタンパク質を分解し鞣す方法。
・一番多く使われている方法。鞣す時間が短く、低コスト。=値段が安い
・柔軟性があり、伸び縮みするため。服やバッグ、袋物に使われる。
・軽い。耐熱性が高い。メンテナンスをあまりしなくても大丈夫。
・経年変化は控えめ。色の変化はしづらい。

といった特徴で、ブランド物のバッグなどはこちらが多いかと思います。

 

③コンビなめし タンニンなめし と クロムなめし の合わせ技。いいとこ取りの手法。
・タンニンなめし2割。クロムなめし8割くらい。=値段は中くらい
・経年変化はクロムなめしより早い。
・ほぼクロムなめしの性質

ワークブーツなどはコンビなめしの革が使われるそうです。

 

この様に、なめし方によって色々な特性が生まれてきます。

どれがいいかというわけではなく、それぞれいいところがありますので、

適材適所といったところでしょう。

 

ちなみに、LEATHACTでは タンニンなめし の革を採用しております。

革製品を使っていくうちに、変化し自分の物になっていく感覚を味わっていただきたいです。

それではこのへんで

 

LEATHACT

「皮」と「革」の違いってなに?

【レザークラフト体験】第二回オリジナルアイテム作り

関連記事

  1. お手入れで変わる財布への愛着!革の経年変化を見る

    2017.03.22
  2. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(後編)

    2017.12.07
  3. 思い出の品を完全再現!!革のランプシェード

    2017.03.16
  4. 余った革のハギレを使って、御朱印帳のカバーを作ろう!

    2017.03.15
  5. その道60年のベテランランドセル職人から受け継いだ道具

    2017.02.21
  6. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(前編)

    2017.12.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

PAGE TOP