Loading

BLOG

帆布と革のエプロンを試作してみた!

帆布 はんぷと革の組み合わせ

 

突然ですが、エプロンを作ろう!ということで、
岐阜駅近くの大塚屋さんへ行ってきました。

帆布といっても色々な色や布の硬さがあり、
色々試作してみることに・・・

今回買ったのは帆布8号、色は少しベージュよりの白です。

 

試作一号 腰巻きタイプのエプロン

腰に巻いたときにひざ上に来るように長さ調節、
ポケットは丈夫にダブルステッチで縫い付けました。

しかし、帆布8号はバッグなどを作るときに使うような
少し固めの号数のため、しゃがんだ時エプロンが浮いてしまいました。

次回作るときは10号あたりの帆布にするとします笑

キャンプで使ってみた!

色が白よりでは汚れたときに目立ってしまうかなーと心配なところ。
それはそれで、汚れもカッコイイのですが笑

ポケットも2cmほど幅を広くしたほうがいいという結果に
次回は胸まであるタイプの定番のエプロンを作ってみようと思います。

エプロンにもいろいろある!

今回作ってみて。
また、リサーチしてみて分かったことは、

同じエプロンでも業種・職業によって用途が全く違うこと!

たとえば今回作った腰で巻くタイプのエプロンは
主にカフェ店員・ソムリエ・給仕をする人が良く使うエプロンだそうです。

その他にも料理人用・魚屋さん用・現場用などで
材質や色、ポケットの多さ、丈の長さの違いなど

本当に様々でした。

今回は自分で使う用として試しにつくってみましたが、

もう少し深く研究して色々な職業向けのエプロン・前掛けなどが
オーダーで作れたらと思いブログにしてみました。

 

「こんなの作れないかな?」などご要望があれば
是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはLINE@でしていただけると直ぐにお返事できます。
ご活用ください。

LINE@LEATHACT公式アカウントはコチラ

友だち追加

 

 

オンラインショップ

お問い合わせフォーム

LEATHACT

 

 

LEATHACTがGoogleMAPに乗りました!

2017年、年末の作業風景

関連記事

  1. お手入れで変わる財布への愛着!革の経年変化を見る

    2017.03.22
  2. 余った革のハギレを使って、御朱印帳のカバーを作ろう!

    2017.03.15
  3. テンペスティ社:エルバマットの取扱い開始

    2015.11.13
  4. 甘くて美味しい!我が家の富有柿(ふゆうがき)の収穫

    2017.10.25
  5. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(前編)

    2017.12.04
  6. 2017年、年末の作業風景

    2017.12.28

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

PAGE TOP