Loading

BLOG

プロのカメラマンから聞いた裏技!?マクロレンズ無し接写する方法

マクロレンズが欲しいけど一眼レフのレンズは高額!

 

今日は普段、このブログに乗せている写真についてのお話です。

私は普段キャノンの一眼レフ(50mm単焦点)で撮影しているのですが、

商品の写真を撮る際、全体写真は綺麗にとれるのですが、

糸の縫い目やファスナーなどに近づいた写真を撮ろうとしても

どうしても この距離が限界です。

単焦点ならではの欠点ですね。

これ以上近づくとピントが合わなくなってしまいます。

これ以上寄った写真を撮るには、マクロレンズが必要になってきます。

しかし、

マクロレンズはとても高額!中古のものも探しましたが、どうしても

納得いくものが無いので困っていました。

これでは商品のよさを伝えきれない!とういことで、

今回

岐阜県大垣市のLovely Photograph(ラブリーフォトグラフ)
石井明子さんに相談いたしました。

マクロレンズを使わなくても、アップで撮る方法があるとのこと。

プロのカメラマンに相談!まさかのアイツでマクロ撮影

マクロレンズを貸してもらうわけにはいかないので、

何とかならないかと相談したところ

石井さんは、おもむろにこんなアイテムを取り出しました。

 

 

それがこちら

 

虫 眼 鏡!!

 

なんだか懐かしいですね 理科の実験以来です。

ただ、「そんなばかな!」って感じでした。

理屈はわかるけどほんとに~??っと疑っていました。

 

ためしに虫眼鏡を一眼レフのレンズの前にかざすと!?!?

IMG_20170309_9070_compressed.jpg

!!!!

今まで近づけなかった限界より、寄った写真が取れました。

これは盲点!カメラとしてはレンズが一個増えたってだけのことで

何の問題もないみたいですね。

虫眼鏡を持ったまま、撮影するので手ブレやピント調整など、

撮影時には少しコツがいるのですが、それはやってみないと伝えられないです笑

 

 

虫眼鏡のメリット ・低コストでマクロ撮影が可能 虫眼鏡のデメリット ・虫眼鏡の固定が難しいこと ・少し写真の端がゆがむこと

 

石井さん曰く、スマホやデジカメでも同じことが可能との事、

少し変わった撮影方法ですが、

100均に虫眼鏡が売ってるので一度試してみてはいかがでしょうか!

 

今回お世話になった石井明子さんのご紹介

 

フォトスタジオ

Lovely Photograph(ラブリーフォトグラフ)

石井明子さん

主に、子供写真・家族写真・七五三・成人式・マタニティーフォト・結婚式の写真を撮影。

公式ホームページ https://www.lovelyphotograph.net/

住所:岐阜県大垣市本町1-41 内田ビル2F
電話番号:0584-71-7222

 

LEATHACT

 

その道60年のベテランランドセル職人から受け継いだ道具

余った革のハギレを使って、御朱印帳のカバーを作ろう!

関連記事

  1. テンペスティ社:エルバマットの取扱い開始

    2015.11.13
  2. ビジネスシーンに必須!「名刺入れ」自分に合ったオーダーメイド

    2017.11.13
  3. 「皮」と「革」の違いってなに?

    2015.05.04
  4. LEATHACTがGoogleMAPに乗りました!

    2017.12.08
  5. インターネットラジオ局「ゆめのたね」にゲスト出演しました!

    2015.08.14
  6. キャンプ用品を作ろう|冬山キャンプでのアイデア出し(後編)

    2017.12.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

PAGE TOP